紙コップ・ピンホールカメラ試作

手近なモノででピンホールカメラの作り方を試行錯誤して、つくりやすい構造をひとつ見つけた。

紙コップでつくる簡易ピンホールカメラ

紙コップとアルミホイルと白い買い物袋を用意する。紙コップの底を切り抜いた筐体にアル ミホイルで遮光し、アルミホイルに縫い針で穴を空けた採光部をコップの底につけ、開口部に白い買い物袋を張ってスクリーンとする。

スクリーンの像はとても 暗いので、何が映っているかを見るのが困難。スクリーンをのぞき込む方をいかに暗くするかが課題。大きな箱に収めたり、黒い布やビニール袋をかぶせたりする方法が考えられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です