Clixx.IOの紹介を聞いてきた

Tokyo Hacker SpaceでClixx.IOの紹介を聞いたのでメモ。

Tuesday Night 5/13 – David Lyon IOT on ATTiny85 | Tokyo HackerSpace

 

[pe2-image src=”http://lh4.ggpht.com/-pN_9uX8850A/U3Lw5z0iWGI/AAAAAAAAXqA/QKDlesCkcCM/s144-o/IMG_2289.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/111488045684919062980/201405132?authkey=ROIhRb9bOvI#6013133328446806114″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_2289.JPG”  ]

Clixx.IOとはInternet of Things用に開発中のデバイスのモジュール・システム。プロジェクトの目的は普通の人でも簡単にIoTを利用できるようにすること。モジュール化された基板をはんだづけ無しで組み合わせるだけで多様な電子回路を構成することができ、そのプログラムも半自動で生成する仕組みも提供する。AT-Tinyを載せたモジュールを使ってスタンドアロンで利用でき、ArduinoやRaspberry Piに接続してもいい。

Clixx.IO

組み込みプログラムはC++で書くのだが、ダイアログ形式でテンプレートを生成してくれる仕組みも用意している。QTを使ったコントロールUIもあり、ネットワーク上のClixx.IO機器を一覧して操作することができるようだ。

通信プロトコルにMQTTを利用しているのが面白い(ただし、小型プロセッサーに載せるために、フルスタックではなく、APIのシミュレート)。

参考: MQTTについてのまとめ — そこはかとなく書くよん。

モジュールはAT-Tiny、電池、ボタン、LED、温度センサー、赤外線送受信機、動体センサー、Bluetooth、LCDなどを見せてもらった。まだ限定的に生産で、ソフトウェアも開発している状態で、正式に販売するにはもう少しかかるそうだ。

[pe2-image src=”http://lh4.ggpht.com/-8ht3GoCF4Fo/U3Lw9T88ClI/AAAAAAAAXqU/fxq1ufgC3-0/s144-o/IMG_2291.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/111488045684919062980/201405132?authkey=ROIhRb9bOvI#6013133388611586642″ caption=”” type=”image” alt=”IMG_2291.JPG” ]

デバイスのモジュール・システムは個人制作向けのものが最近いろいろ出てきていて面白い。 MCU Gear のKouさんもこの会に来ていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です