XULRunner

ウェブサービスを専用アプリで利用したいと思ってXULを調べてみた。

XULはMozillaが開発しているFirefoxなどのアプリをいろいろなコンポーネントから組み立てるためのUIフレームワークだ。XULアプリケーションはFirefoxもしくはXULRunnerというスクリプトエンジン上で実行される。これによってMozillaのモジュールで構成した独自アプリケーションを手軽に作ることができる。

参照

 

アプリケーションパッケージ化

XULRunnerを同梱することで、あらかじめXULRunnerまたはFirefoxがインストールされていない環境でも実行することができる。

Deploying XULRunner に従ってファイルを構成すると単独で実行可能なパッケージを作ることができる。

注意: XULRunner 9.0.1 – 11.0Mac版はリンクエラーがあり、実行ファイルを作ることができない。バグフィックスされるまではver.8.0.1を使うこと。

実行方法

アプリケーションパッケージがちゃんとできれば、それを実行するだけでよい。

XULRunnerのコマンドラインによる実行は以下のようにする。

xulrunner /paht/to/application.ini

 

サンプル

URLとコンテンツ表示エリアだけのウインドウをつくる。(参考: XULRunner版最小ブラウザ | MEMO:はてな支店)

<?xml version="1.0"?>
<?xml-stylesheet href="chrome://global/skin/" type="text/css"?>
<window title="browser" width="800" height="600"
  xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">
<textbox onchange="this.nextSibling.loadURI(this.value)"/>
<browser type="content" flex="1"/>
</window>

設定は XUL  Reference >> browser を参照せよ。

Firefoxのadd-onもインストールできるらしい。Geckoエンジンがそのまま動いているので、HTML5も使えるはず。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です